メニュー

検索はこちら

 

雑記2013

2013-10-10 パソコンパーツを利用しよう! (1)

不要になったパソコンパーツ、ラジコンパーツに再利用できるんです。

不要パソコンはリサイクルや不燃物扱いとなりますが、ラジコンに使用できるパーツもあります。
使えるものはどんどん使いましょう!!

また、2014年4月9日でWindowsXPのサポートが終了しますので、
大量のパソコンが処分されると思います。

ただで仕入れるチャンスですよ~

※余談だけど、サポート終了後のXPは使用しないでくださいね~。
無保険の車を運転をするようなものです。
いや、ラジコン保険に入らず博多駅や天神で飛行機飛ばすようなものです。
いや、現金と実印を体に貼り付け、裸で中州を歩くようなものです。
とにかく危険なんです、ホントに。
また、被害者だけでなく加害者にもなりますので注意注意!・・・

私は、ずーっと前からパソコンは自作です。
昔は自分で作ったほうが安かったんです。
今は、市販品の方がはるかに安いけど、自分に合ったスペックのPCが無いので作っています。

ちなみに現在のPCは
Win7、64bit、 Core™ i7-3770、HDD-約17TB、メモリ16G、モニタ24ワイド、
なかなかいい感じでしょ!
現在のメインPC

 

ファン

パソコンは3.3V、5V、12Vの3種類で動いています。
HDD(ハードディスクドライブ)やファンは12Vなんです。
12Vというと、ラジコンでもおなじみですよね~、
そうなんです、ファンはラジコンに使用できます。
ちなみにパソコンでは黄色の線が12vですyo。
ファンコントロールなどを準備すれば、回転数も制御できますよ~♪。
これは12cmファン

 

ファンはいろいろな大きさがあります。
4.6.7.8.9.12.14cmなどなど。なかでも8cmと12cmが多いかな?
パソコンケースの給排気やCPU、VGAなどのクーラー、また、電源ユニットの中にも入っています。
これらをばらしてらRCに使用しましょう。
エンジン・モーター・バッテリーの冷却に使用できます。

バッテリーを冷やしながら充電しています。 ネジでもかまいませんが、タイラップが便利です。 台は折りたためま~す、100均でも売っていますよ~!。手前に見えるのがUPSのバッテリーです。

 

ファンの入手方法
ラジコン暦長い人は、一生使わないであろうネジ類を一杯もっているように、
パソコンに詳しい人ならば、大量のファンを持っています。ただで譲ってもらいましょう。
さらに、ラーメン一杯もおごれば、この先もずっとただでもらえると思います。

「おれの周りにパソコン作るヤツいないよ」という人はジャンク市を利用しましょう。
十円単位で買えると思います。。。

「ジャンク市って何?」という人は新品を買いましょう!
ま、新品買ったとしても、数百円や千数百円です。
ラジコン専門パーツからみればかわいい金額です。

これがラジコン用になると高くなりますよね~、しかーし、モノは同じです。

このファンを買うときの注意点ですが。
基本的に直径が大きいほど風量が多く静か。
ファンにはrpm(回転数)とdb(音量)が記載されています。
 ※回転が多く、うるさいほうが風量大です。
パソコンには「静音」といって静かなファンが好まれますが、静かな分風流は少ないですね~。
ファンの形状ですが、吸い込むのが得意なファンと、吐き出すのが得意なファンがあります。
注意するのは、吸い込むタイプで、吐き出す空気がまっすぐだといいのですが、左右に広がるタイプもあります。
左右に広がるタイプでは、いくらモーターに向けても、風はあたりませんので。。。
風向に注意

 

HDD(ハードディスクドライブ)

HDDの中には、超強力な磁石が入っているんです。
HDDを分解するには、星型などの特殊ドライバーが必要です。
精密ドライバーやトルクスドライバーという名前で売られていますよー。
分解する際は、シールの下にもねじがあるので、あわてずあせらずに分解してくださいね。
また、特殊なドライバーなんて持っていないよ~、という方、
強力なニッパでネジ切るチカラワザでもOKですwww。

ケースを開けると磁石が数箇所にありますが、超強力です。
テコの原理でこじると、磁石が割れます。
台となっている金属部分をプライヤーなどで「エイッ!!」と曲げると、
磁石が取り出すことができます。

で、取り出した超強力磁石ですが。
・棒の先につけて、ネジの回収。
・ドライバーなどを一方向にこすって磁力をつける。
・冷蔵庫にくっつける。
この場合、強力すぎてキズつけるか、取れなくなってしまうため、布に巻くなどして使用しましょうね。

これがHDD(ハードディスクドライブ) ネジ回収棒、これはすぐれモノですw。

 

電源

昔のパソコンは電源が小さかったですね~、200wとか300wでした。
でも最近は700wとか800wなど大きくなり、RC用の安定化電源として十分に使用できます。
また、12vの比率も高くなっています。
昔に比べ、12vの使用量が増えているためです。

ちなみに電源から出ているケーブルですが。
黒の束      GND  (共通のマイナス)
黄色の束     +12V  (お目当ての配線です)
赤色の束     +5V  (仮のBEC電源に使えます)
オレンジの束  +3.3V  (何に使う???)
緑色の線    電源リレー線

となっています。 マザーボードに差し込まれている部分のツメを上にすると上段、左から4番目に緑の線があります。
これが起動するリレー線ですので、緑と黒(どこでも良い)をピンなどでショートさせれば
電源スイッチが入ります。

このパソコン電源は、ノイズの少ない非常に良質の電気を取り出すことができますよ~ 。

 

UPS(無停電電源装置)

停電しても一定時間電源供給をおこなうUPS。
電気を貯めているのは、12vバッテリーが多いんです。
12vといえば皆さん得意なジャンルでしょう。
注意点といえば、UPSは無理な使われ方はしていません、
しかし、長い期間使われていますので、ヘタりかけたバッテリーがあります。
そこで、サルフェーションを除去する充電器を使用するとリフレッシュされます。
私は、ACデルコのAD-0002を使用していま~す。
12Vバッテリー  

↓ アフェリエイト付画像

 

パソコンじゃないけど・・・

パソコンを取り扱うときに使用するのがエアダスター。
強力な風を噴出し、ほこりなどを飛ばします。これが便利なんです。
機体の清掃に超役立ちます。スパッツの中もひと吹きでですね~
道具箱と車には常備しています。

エアダスターの使い方(2)
ちょっと長めのエアダスター缶。
バルサを濡らして、巻きつけて成型するときに使ってますw。
エアダスター、必需品です!

↓ アフェリエイト付画像

 

マウスホイール

飛行場で、「尾輪が無くなった!!!」「尾輪が壊れた~」というとき、
マウスがあれば大丈夫w
(普通、飛行場にマウスもって行かないよな~www)

このマウス、
人差し指でクルクルまわすところを「ホイール」って言うんだけど、
ちょうど尾輪と同じような大きさ。また周囲はゴムで覆われていることが多い。
で、このマウスホイールを使おうってわけ。
仮の代用品程度なら十分使用可能です。

注意点は2つ。
1、ホイールの中心は、穴はあいておらず、逆にシャフト部分が出っ張っている。
そこで、出っ張ったシャフトをカットして、中心に2mm程度の穴を開けなきゃいけない。
材質はプラスティックなので、簡単に穴は開きます。
2、周囲のゴム部分は取れやすいので、瞬間を流し込んで、外れないようにすること。

重量は、スポンジタイヤに比べれば重たいけど、
マウスホイールもプラスティックとゴムであり、
なおかつ小さい部品なのであまり気にすることはないかと・・・

私も実際に、数日間飛ばしました。
最後は外側のゴムが外れて無くなったので、
スポンジタイヤに戻しましたけど。

マウスホイール

パソコンパーツを利用しよう!(2)はこちら
パソコンパーツを利用しよう!(3)はこちら