メニュー

検索はこちら

 

雑記2013
  • ホーム
  • 雑記2013
  • Apollo 70 EP(アポロ70 電動) 買っちゃいました~。ただいま製作中

Apollo 70 EP(アポロ70 電動) 買っちゃいました~。ただいま製作中

雨の休日しか作ることが出来ないので・・・・・、時間かかりますが

なかなかよさげw。楽しみ~♪ ヾ( ゚∀゚)ノ゙  ☆Apollo 70 EP (アポロ70 電動)

アポロ届いた、KKHOBBYから。
コンパクトな箱だなぁ。
フィルム、きれいに貼られているな~
アポロ50より高い分、
しっかりとはられているのかなぁ????。
なーんちゃってw(←古っ)

重たいぁな~

頑丈さがよくわかる。重たいわぁ、ダイエットせないかん。 (°◇°;)ゲッ  ☆Apollo 70 EP (アポロ70 電動)

頑丈だなぁ、でも重たいわ。
エンジン、モーター両用なんで重たいんだろうな~
こりゃ、ダイエットせな。

おまけに、手持ちのモーター HACKER A50-16S V3
重さは345g。

KKホビー推奨のモーターFSD FC5055-8T KV560は273g。
もうここで72gオーバー。

バッテリーはメーカー推奨5セル。でも6セルしか持っていない。
ここでも約90g重たい。。。。
やれやれ ┐('~`;)┌
モーターとバッテリー分約160g、どうしよw・・・・・・?!

チェック&チェック

エルロンにソリ、ねじれが目立ちました。でも大丈夫!  ☆Apollo 70 EP (アポロ70 電動)

エルロンやらエレベーター、それに胴体などなど、
定規を当てる、いろんな方向から眺める、合わせる・・・

そう、ねじれやそりのチェックなんです。
このゆがみの数ミリは、トリムにしたら何コマだろう。。。
やっぱり癖の無い飛行機にしたいんでね~

修正&修正

アイロンで簡単に修正できますよ。☆ミ  ☆Apollo 70 EP (アポロ70 電動)

丁寧に修正、修正。
で、数日放置!!
温度や湿度で、またゆがむかもしれないのでね。
今回、エルロンに曲がりとソリがあったのでアイロンで修正。

スピンナー (なんちゃってカーボンもどき)

スリット開けが大変!  ☆Apollo 70 EP (アポロ70 電動)

マイナス16g!!!
純正品は重たいんだよね~
なんちゃってカーボンに変更して、モーター冷却のスリットを開けた。
モーターも冷えやすいよね
これで42g→26g、16gのダイエット成功。

※スリットを開けるだけで、半日かかりました・・・

カンザシ

-48gのために2,000円支払いました・・・w  ☆Apollo 70 EP (アポロ70 電動)

マイナス48g
なんか、丈夫そうなカンザシが入っとった。
でも重いわ~。
ウィンドS50Eのカンザシは軽かったんだけどなぁ~・・・・・・・・
と、何気なくウインドS50Eのカンザシを入れると、
ぴったりじゃぁないですか!!

高いけど・・カーボンカンザシ奮発するぞぉ~

トルベランカから仕入れました。2,000円!!
これで77g→29g、48gのダイエット成功。

サーボ

フタバ S.BUSハイボルテージサーボ BLS173SV

すべてに、フタバ S.BUSハイボルテージサーボ BLS173SV
を使用する予定。
スピード・トルク、問題なし。
重量も30g、問題なし。
価格、大幅に問題あり・・・・高すぎじゃね?。
1機分でいくらになる????
サーボ代金もってヤマダ電機に行けば、相当買えるよ・・・ネェ。

メーカーが推奨するサーボは、
胴体内、スタンダードサイズ(40g程度)。
エルロン、ミドルサイズ(S3002:35gなど)。
エレベーター、ミニサーボ(BLS153:26gなど)。
BLS173SV使用してもほぼ重さは変わんないだろうなぁ~。

11月29日追記
ラダーサーボ変更!
ラダーサーボは後ろに積むことにした。穴とサーボの大きさがあわず、
でっかいBLS171SVすることにした

タイヤ

テトラのタイヤはお気に入りなんだけど・・・・。  ☆Apollo 70 EP (アポロ70 電動) プラマイ0g
スカイピース飛行場はアスファルト。
ブレーキ強めにしているので、すぐにタイヤが減っちゃうんだな。

3日でボウズになるタイヤもあったが、TETTRAのスポンジタイヤは長持ちする。
で、今回もテトラのタイヤを買ってきたけどサ・・・・
ノーマルより6gも重たい。
左右で12gも重たくなるので、ノーマル品を使うことにする。
すり減りが早いようだったらテトラに交換するわ。
※ 左がノーマル、右がテトラ

福岡市の広報紙(ふくおか市政だより)で作った紙の筒

意外と重たい紙の筒、でも意外と丈夫  ☆Apollo 70 EP (アポロ70 電動) プラス7g
ラダーサーボなどの、コードを通す紙筒。

福岡市の広報紙で作ったけど、
のりが多かったのかなぁ。
7gとは・・・意外と重たいなぁ~

タイヤシャフト

なんか、スパッツが小さくて・・・けっこう削りました。  ☆Apollo 70 EP (アポロ70 電動) プラス4g (片側2g)
ノーマルはネジタイプだった。
タイヤ交換など、頻繁なメンテがいるんだな~
スカイピース飛行場は。

で、シャフト交換することに。 これで、メンテが楽になります!。
※ 左がノーマル

ラダー

 

マイナス5g
ノーマルは両引きで、ホーンは重いネジ、
今回、ダイレクトにして、ホーンも軽いものに・・・
胴体には、サーボを取り付ける穴が開いていました。 なお、ラダーにはホーンを取り付けられるように、下地が準備されています。

11月29日追記 当初計画よりプラス18g
ラダーサーボ変更することに・・・
ラダーサーボ取り付けの穴というか下地が準備されている。
当初をBLS173SV予定していたけど、いざフィルムをはがすと・・・・穴がでっかい!!
なんと幅が42ミリもある。
BLS173SVの幅は33ミリ。サーボ取り付け部分を加工しようかと思ったが、
強度を考えるとねぇ~
結局穴にあったサーボをとりつけることにした。
S.BUSハイボルテージサーボ BLS171SV
40.0×20.0×34.8mm 48g をチョイス。

エレベーター

現在、迷っています。
胴体内ワンサーボか、水平尾翼内に埋め込む2サーボか・・・。
重量的にはワンサーボがよいのだろうけど・・・・。
後々のこまかい調整なんかを考えるとね~
また、重心バランスもあるし・・・
もう少し考えます。(ーー゛)

11月29日追記
水平尾翼に埋め込むことにした!

カウル

若干、軽くなっているハズなんだけどねぇ~  ☆Apollo 70 EP (アポロ70 電動)

マイナス0g
空気取り入れの穴開けた。
重さを計ると・・・変化なし。あれぇ~
1g単位で計測できるハカリなんだがなぁ
少しくらい穴あけても、軽量化にはならないということでしょう。

空気穴、もっと広げようかと思ったけど、今から冬。
冷えすぎてもねぇ~
様子見て穴の大きさを決めますわ。

尾輪

カシオペア、カスタムテールギア!  ☆Apollo 70 EP (アポロ70 電動)

プラマイ0g
エンジェルとウインドの尾輪はあんまり・・・・だった。
で、アポロには少し良いヤツを使用したいと思い、買ってきた。

カシオペア、カスタムテールギア! スーパーラジコンで1782円。定価は1980円の高級品!!

が・・・、アポロの付属品とまったく一緒でしたw~
写真左が買ったヤツ、右が付属品。
アポロの尾輪ってイイヤツ使ってたんだね!

2013/10/17追加
■あっ、同じものだったらKKHOBBYで700円で買えたのか・・・・・・

キャノピー

バルサの肉抜き。たかが3g、されど3g。  ☆Apollo 70 EP (アポロ70 電動)

マイナス3g
人形は乗せない。飛んだらわからんもん。
それより軽量化!
肉抜き、肉抜き!!

翼端スキッド

翼端スキッドは必需品です。  ☆Apollo 70 EP (アポロ70 電動)

プラス2g (片側1g)
重量増だが、これは仕方が無い。
スカイピース飛行場はアスファルトだもんな。
グラッと傾くと、バルサまでしっかり削られます!

↓↓スカイピースクラブ飛行場

福岡では珍しい、アスファルトラジコン飛行場

まだまだ続きます・・・

雨降りの休日しか製作できません・・・
時間がかると思います♪ m(._.)m ヨロシクです。

Apollo 70 EP(アポロ70 電動) 、のんびり製作中。(2)はこちら