メニュー

検索はこちら

 

雑記2013
  • ホーム
  • 雑記2013
  • 冬のパソコントラブル(飛行機には関係ない?けど・・・)

2013-11-29 冬のパソコントラブル(飛行機には関係ない?けど・・・)

帯電(たいでん)= 物体が電気を帯びる現象である。

今日もトラブルがあったので、帯電の話を・・・・・ 。

飛行機とは関係の無いパソコンの話。
関係無いといっても、飛行機やパーツ購入でお世話になったことも多いのでは?
PCは、メールやインターネットなどなど、毎日の生活にかかせない必需品となっています。

冬場に多いパソコントラブルが「帯電」という現象。
結構多いんですよ、このトラブル。
パソコンは湿気も苦手だが、乾燥による静電気も大の苦手です。

現象として、パソコンが突然落ちる(電源が切れる)。
また、電源を入れてもパソコンが立ち上がらない状態となります。

空気が乾燥して、なおかつエアコンを入れている部屋では頻発します。
病院などでは、加湿器で湿度を上げた後にパソコンの電源を入れるところもあります。

帯電した場合の対処方法ですけど、
1
電源を抜く→5分程度放置→コンセント抜いたまま電源スイッチを何度もオン、オフ。
(ノートの場合はバッテリーをはずしてね)
これで、かなりの割合で復旧します。
※ノートの場合、バッテリーではなくACアダプターを接続して立ち上げてくださいね、
バッテリーが死んでいる場合もあるので・・・。

2
それでも立ち上がらない場合、パソコンを開けてメモリを抜き差し。
このとき、体に静電気がたまっているのでパソコンの金属部分を触って、アースしたあとにメモリを触ってください。
アースせずメモリなどを触ると、簡単に壊れます!
※ノートの場合、メモリは裏(下)にささっています。

3
それでも立ち上がらない場合はCMOSクリア・・・・・。
パソコンのマザーボードについている小さなボタン電池を数分間はずしてください。
ここまでの作業で大半のパソコンは復活できます。

乾燥しているときにパソコンの調子が悪くなったら試してください。
修理に出すと軽~く3万円以上かかります。
また、ホコリがたまっていると帯電しやすくなりますので、たまにはケースを開けて掃除してくださいね。

本当は、プロポやアンプもパソコンの仲間。
湿気どころか雨、乾燥、低温、高温、ホコリ、衝撃によく耐えているなーと感心!
大事にしなくちゃね♪