メニュー

検索はこちら

 

雑記

2016-06-30 アジアンタイヤのグリップ

レビュー・比較・感想・インプレッション!

ラジコンでは無く、車のタイヤの話、
興味ない方はスルーして下さい。
文章も長いし・・・。

 

 

 

 

 

 

アジアンタイヤとは、外国の安いタイヤで、
ネットで買えたり、ショップでも買える。
オートウェイが有名

私がタイヤに一番求めるのは「グリップ」
グリップの高いタイヤは、同じ速度なら間違いなく素早く止まる。
万一の時、少しでも早く止まれば危険回避の可能性は高くなる。
コーナーも、同じスピードなら、ハイグリップの方が安全。
※ノーマル脚にハイグリップタイヤは危険だが。

昔は、国産のスポーツタイヤも履いていた。
お金があるときは、POTENZAやADVANなどなど。
だが、高すぎる。

あるとき、アジアンタイヤを試してみた。
理由は価格が安いから。
国産1本の価格で、アジアンタイヤは4本買えてしまう。

オートウエイが太宰府にあるのもgood。
ネットで注文して、近所で交換するのは面倒。
オートウエイで直接タイヤ交換ができる。

で、アジアンタイヤを使った結果。。。
思ったより。。。いや、はるかに良い、コスパ最高!。
もう、軽く30本以上履いている。

だが、ネットをクグルと良いメーカーと悪いメーカーがある。
そこで、私が実際に履いたアジアンタイヤの
レビュー・比較・インプレッション!
※価格は常に変動しているので、参考程度に。

ナンカンNS-2 (台湾)

参考 225-40-18:5480円  NS-2の価格
ドライ  ★★★★★☆☆☆☆☆ 5点
ウエット ★★★☆☆☆☆☆☆☆ 3点
10本履いた。

初めて履いたアジアンタイヤだった。

履いた最初の感じは、「重たい」「サイドウォールが柔らかい」
とにかくグニャグニャとよれる。
空気圧高めにすると少しはビシッとなるが「滑る」、特にウエット。
ま、普通の人が履くにはちょうど良いタイヤ。
タイヤも重たいけど、一般の人はわからないと思う。

メーカーはスポーツというが、そこまでのグリップは無し。
実際にはコンフォートタイヤ。
ま、コンフォートにしては、音がうるさい。
寿命は短い、品質はまったく問題なし。
というか、国産のジジイタイヤ買うなら、
絶対に、こっちの方が良い。

それから、ナンカンって台湾のメーカー。
台湾製は何でも買ってあげたい。

ナンカンNS-2R(台湾)

参考 225-40-18:5480円  NS-2Rの価格
ドライ  ★★★★★★★★★★ 10点
ウエット ★★★★★★★★☆☆ 8点
14本履いた。

アジアンタイヤで一番のお気に入り。
ドライのグリップは相当なもの。
ネットでは、熱が入らないとグリップしないとの意見もあるが、
いやいや、なかなかのすぐれもの。
ただし、方向によってグリップが異なる。
縦方向は強力!。横になるとグリップが落ち、
斜めになると極端にグリップが落ちる。

ブレーキングしながらのコーナー進入で滑る。
ただし、急に滑るのでは無く滑り出しはマイルドなので比較的安心できる。

アジアンタイヤにしてはサイドウォールが堅い。
思ったコースをトレースできる。
今現在、私の中では最高のコスパタイヤ。
ただし、225-45-18が無いので225-40-18を履いている。

音はうるさい。低めの「ゴー」っという音。
でも、不快にはならない。
ATRスポーツ2の「ブンブン、ブーン」の方がイヤ!
ま、この手のタイヤ履く人は音は気にしないと思う。
このグリップと価格を考えると、音などどうでも良い。

寿命は、アジアンタイヤでは長く持つ。
特に気にはならん。

NS-2Rの、唯一の欠点は225/45/18が無いこと・・・。

ピンソ Pinso Tyres PS-91 (インドネシア)

参考 225-40-18:5480円  Tyres PS-91の価格
ドライ  ★★★★☆☆☆☆☆☆ 4点
ウエット ★★★☆☆☆☆☆☆☆ 3点
4本履いた。

あまり記憶が無い。
NS-2と同じような感触だった。
やはり、スポーツタイヤではない。
サイドウォールが柔らかくウエットではよくすべる。

グリップはNS-2より若干劣る、ただし価格が安い!

ダンロップ DUNLOP DIREZZA DZ101

参考 225-40-18:8290円  DIREZZA DZ101の価格
ドライ  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 0点
ウエット ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 0点
4本履いた。

まったく喰わない、なにをどうすればこんなに滑るのかと思う。
しかも、メーカーはスポーツと書いている。
滑る上に、グニャグニャ。
扁平率40%なにの70%じゃないの?と思うくらい。
タイヤがよれて、その分アンダーが出る。
アクセルによって、ラインが変わるのでコーナーで安心できない。

スキール音も低レベルから発生する。

このタイヤ、少し履いたあとすぐに廃棄した。
オートウエイで買ったタイヤの中で一番滑るタイヤだった。
これは怖くて履けない。

ATR SPORT 2 (インドネシア)

参考 225-45-18:5700円  ATR SPORT 2の価格
ドライ  ★★★★★☆☆☆☆☆ 5点
ウエット ★★★☆☆☆☆☆☆☆ 3点
6本履いた。

最初に履いた感想、
「サイドウォールが柔らかい」
「コンパウンドも柔らかい」
扁平率が高いタイヤみたいな感じで、
コーナーでもタイヤの変形分、アンダーで膨らんでいく。

意外だったのが、乗りごこちが良い。
通勤だけだと、この乗り心地は楽。

音は最初は静かだが、山が減るにつれ大きくなる。
パターンノイズで「ブンブン、ブーン」という音。
音量は少ないんだが、けっこう耳につく。

グリップはNS2より、若干良い。
youtubeでも「ATR スポーツ2」動画はいくつかある、
ドリフトで使われているんだよね。

ただ、ドライとウエットのグリップ差は大きい。
低ミュー路面では、ひたすら安全運転しなきゃいけない。

通勤だけだとこのタイヤは「あり」
タイヤサイズも多いということもメリット。

595RS-RR 

595RS-RRの価格

履きたいけどは履けない。
オートウェイでは取り扱っていない。

ネット上では、595とNS2Rが最高レベル。
がこのタイヤも、225/45/18が無い。
それに、NS2Rに比べると高い。

試そう試そうと思い、今日に至る。
ちなみに、225-40-18の価格を比べると
NS2R 225-40-18 8490円
595RS-RR 225-40-18 15410円

まとめ

 コストパフォーマンス
アジアンタイヤは、超コスパが良い。
安いし、グリップも良い。
安いので、どんどん交換できるので安全にも貢献する。
古いタイヤは、ゴムが固くなり滑りやすくなる。

私の周りでは
「タイヤは何万キロもつ」
「何年も使っている」とジジくせー自慢をする人がいる。
安全を考えてないのか?
数千円で安全が買えるなら、安いもの。
タイヤも人間も若い方が喰いやすい。

▲ 安心出来るのか?
ネットでは、中国製の安いタイヤは問題ありと書かれていた。
NS-2 NS-2R ATR SPORT2ならば、実際に履いてまったく問題無し、
というか、国産ジジィタイヤよりはるかに良い。

 国産との違い
価格
国産POTENZAの最高峰は、グリップなんて最高!
一般道では怖くて限界などわからないほどのタイヤ
けど、高すぎて買えない。

バランス
どの方向でもグリップしたり、グリップの割に音が静かだったり、
ウエットでも結構喰ったり・・・と。
全体のバランスがよく、レベルが高いのが国産という気がする・・・。

 おすすめのタイヤは、
足回りやブレーキなど交換しているなら、
NS-2R

普通の車なら、
ATR SPORT 2か、NS-2

ま、こんなとこかな?
オートウェイ 福岡店で交換するときは、
事前に電話を入れて、在庫確認した方が良い。
また、空気圧注意!※エクストラロード(XL)規格