メニュー

検索はこちら

 

雑記

2016-07-25 P17 空撮カメラの動画

機体にカメラ積んだ

昨日、カメラ積んで飛ばした。
どのくらい傾いているのか知りたかったため。

90度、180度、水平、垂直は常に意識しているけど、
実際のところはどうなのかと。

カメラは、ガムテープで貼った。
スナップも大丈夫だった。
(カメラと言ってもシャチハタ印鑑くらいのヤツ)

撮影した動画を見てびっくり。
170mではなく、対岸まで飛んでいる。
これは危険、反省します。

昨日飛ばしたとき、「奥に行ってる」という感覚はなかった。
逆に前風が入っていたので、
「手前に来ないように」と編流をとっていたはず。
感覚と、実際の距離は違う、ここまで奧だとは思わなかった。

飛びだが、水平・90度は、やはりいい加減。
もっと精度を上げなければ。

気づいたのは、
ラダーがラフ、優しくない。
出入りが大きい。
丁寧さが欠けている。
一生懸命ごまかしているw。
などなど。
あと、8分3秒なんだが、時間よかったっけ???

今後の課題は、まず奥行きに注意それから、
一つ一つを正確にフライトし、レベルを上げる。
全体的には、メリハリつけてつながりを意識する。
まずはこのあたりだな。

また、地上からの見た目はゆっくりだけど、
機体から見ると次から次へと動きがある。
機体にカメラは面白い!。

↓P17、左風パターン

stop