メニュー

検索はこちら

 

雑記

2016-10-20 リポバッテリーの劣化と比較

データから、わかったこと

・・・・・その前に、
最近、フリーマックスの6300mAhが短命だと聞く。
スカイピースクラブでも6本ダメになった。
「まだ3ヶ月しか使ってないのに・・・」と嘆いている。
他のクラブの6300はどうですか?
情報があったら教えてくださいね。

さて、私のバッテリー、
最近買ったバッテリーは、使用後に「残」と「各セルの電圧」を記録している。
フリーマックス 5S 5000mAh(A・B)は、30回使用
VANT 5S 5200mAh(C・D)は28回使用
VANT 5S 5200mAh(A・B)は55回使用

まだ途中だが、面白いデータが出てきた。
電圧の高いセルから、低いセルを引いている数字がある。
これは、良いセルと悪いセルの差がどのくらいあるかということ。

細かいこと書いても読まないだろうから結論
・残20%を下回ると、良いセルと悪いセルの差が大きくなる。
・残25%以上だと、良いセルと悪いセルの差は少ない。

ということ。

エクセルデータはこちら

↓以下、細かいこと
フリーマックスABだが、10/15の24回使用した時から差が大きくなった。
差は0.014となっている。

この時は、残13%まで使用している。
これ以前に20%切ったのは9/17の19%だけ。

その後、バッテリー残が19% 16% 17% 11% 13%と10%台が続く、
そうなると、良いセルと悪いセルの差が
0.014V 0.028V 0.023V 0.012V 0.019Vと大きくなっている。

これって、バッテリー残が20%切ると、良いセルと悪いセルの差が大きくなるということ。
逆に、25%以上残すと、差は少ない。

 

今までの経験で、
「残20%切らないほうが良い」
「10%切ると急激に劣化する」などど言っていたが、
正解だったということ。
バッテリーの寿命を延ばしたければ、25%以上残したほうが良いようだ。

ただし、まだ途中経過なのではっきりとした答えではない。
もっとデータを集めて再度報告する。