メニュー

検索はこちら

 

雑記

2017-07-19 ドローンのバッテリー火を噴く!!!!

超怖かった

DJI S1000での撮影、
いつも通りのルーチンを行っていた。
・送信機の電源オン
・FPVの電源オン
・カメラの電源オン
・ドローンのバッテリー接続
・ドローンの動力用バッテリー接続

その後、FPVを確認していると、
「ピューーー」と大きな音。
ロケット花火と同じ音・同じ音量。
びっくりした。

ドローンを見ると、火柱が真上に20センチ以上!!
もっとびっくりした。

バッテリーを止めているベルトを燃やすために、一瞬待って、
その後バッテリーを蹴って、ドローンから遠ざけた。

今までに飛行場で、何度も燃えるのを見ていたから対処できた。
初めてだったら、パニックですべて燃えていたと思う。

しかし、離陸前でよかった。
FPVが問題なければ離陸していたとこだった。

燃えたバッテリーはなんとハッカー。
(3S/1800mAh)
おかしい、まだカチッとしていたし、
今までハッカーは何をしても燃えなかったのに・・・。

その後動力用バッテリーを外すとき、
コネクターが熱くなっていた。
なんだろ?火を噴いた原因がわからない。

家に帰ってドローンを見ると、
サーボコードが燃え、バッテリー周囲がすすだらけ、
一部は焦げている
が、大きなダメージはない様子。

上空で、S1000が燃えながら落ちてくると考えると、
怖くてしかたない。

DJI S1000 バッテリー火を噴く DJI S1000 バッテリー火を噴く

stop

DJI S1000 バッテリー火を噴く DJI S1000 バッテリー火を噴く

stop

DJI S1000 バッテリー火を噴く

stop