メニュー

検索はこちら

 

雑記

2017-09-27 マトリス600PROのフライトインプレッション

非常に良い機体

Matrice 600 Proを購入後、
フライト時間が3時間44分、フライト回数26回となった。
今現在のフライトインプレッション。

非常に良い。
飛ばしやすい。
S1000と比較してのインプレ。

防塵になった
ホントありがたい。ドローンの離発着で相当のホコリを舞い上げてしまう。
特に、今の朝倉など町中ホコリだらけ。
この機能は助かる。機体寿命も伸びるはずだ。

飛行時間
S1000に比べて、1.5倍ほど長く飛ばせる。
時間に余裕があると、撮影が楽になる。

スピード
上昇スピードと横方向の移動スピードが速くなった。


S1000は音が大きく、音質が高かった。
M600Proはプロペラが大きくなったので、
音が低くなった。
これは、音による恐怖感が減るので飛ばしやすくなった。
ちなみに、S1000は8枚、M600Proは6枚ペラ。

安定
離陸する瞬間に安定性能がわかる。
S1000では、地上を離れる瞬間に傾くことが多かった。
意識することもなくごく普通に、
エルロンやエレベーターで押さえながら離陸していた。
M600Proはエンコンスティックを上げると、そのまま傾かずに上昇する。

一番ありがたいのが、空中での安定性。
これはM600Pro買って一番気に入ったとこだが、
手振れ写真が減った。

S1000ではどうだろ、1割位は手振れ写真ではなかっただろうか?
特に私は5000万画素のカメラなので、ちょっとのブレでも目立つ。
画像を等倍すると微妙はブレがあった。
(ただし、普通の写真プリントでは絶対にわからないレベル)
今回のM600Proでは手振れ写真が1/3位に減った。
上空でドローンがピタッと止まっているのが画像からわかる。

配線がスッキリ
いろんな配線が少なくなった。
これで断線トラブルが減るはずだ。

他にも、良いところはいっぱいある。
アイフォンでの管理や、操作などなど。

逆に悪くなったところは、というと・・・

プロポがドローン用
右スティックを離すと、中立で止まる。
これでホバリングする。
これは慣れない。着陸時など違和感がある。
飛行機やヘリのようにエンコンスティックは自由に操作させてほしい。

カメラのチルト・パンが同じスイッチ
プロポから、上下・左右は同時に動かせない。
別のスイッチで、上下と左右を切り替える。

例えば、右斜め下を撮りたいときは、
まずカメラを下に向け、プロポ裏のスイッチで切り替えて、
今度は水平に右に動かす。
一回で構図は決まらないので、何度かこれを繰り返す。
ま、アイフォンからでも動かせるが、
これは最大に不便になったところ。

プロポが使いにくい
まず、プロポ裏のスイッチ。
プロポを握ったときに、プロポ裏のスイッチも握ってしまい、
動作させてしまう。
プロポ裏のスイッチは、別の場所にしてほしい。

また、プロポが小さすぎて、なんかしっくりこない。
それから、プロポが自立しない。
いつも横倒しだとホコリも入りやすい。
ちょっと置きたいときも不便。
また、フタバの ネックストラップ が使えない。

カメラバッテリー
私の場合だけだと思うが、
カメラバッテリー交換時、カメラを取り外さないといけない。

今のところ気になる点はこれくらい。
今後飛ばし込むと異なる点が見えてくると思う。
その時は再度インプレする。