メニュー

検索はこちら

 

雑記

2018-11-07 ファンタ70初飛行

問題あったが、なんとか飛んだ

久しぶりの飛行機、緊張した。
初飛行、緊張した。
強い前風、緊張した。

飛行場に着き、機体を組立て、
サーボの動きを確認し、バッテリーのチェックを行った。

1フライト目
風は前から。くるくる回っている。
重心をカンザシに合わせ離陸!!!。
離陸直後から機体が暴れる、舵角が大きすぎた。
前後左右にピクピクしてる。
それに、フライングテールなんでエクスポゼロにしてた。

それから、下に下がろうとする。
トリムはアップ側に53コマ、
エルロン右に4コマ、ラダー左に11コマ。

なんとかまっすぐ飛ぶようにしてすぐに着陸態勢。
何度もやり直しが出来るように、バッテリー余力があるウチに降ろしたかった。
で、無事着陸。

2フライト目
エルロンと水平尾翼の舵角を、それぞれ6割位に下げた。
エレベーターにエクスポ入れた。
重心だが、カンザシでは前過ぎる。
標準のバッテリー台座にバッテリーを取り付けた。
そして離陸。

1フライト目より飛ばしやすいが、まだエルロンの舵角が大きい。
エアブレーキの舵角確認も行う。
風が強いので詳しくはわからないが、風見が強いように感じる。

3フライト目
フライト前に、キャノピーを止めるラッチがおかしくなった。
閉まったまま。鉄の棒が機体側に刺さったまま。。。。。。
キャノピーが取れない・・・。

機体下に穴開けたり、棒で押したりするが無理。
結局、キャノピーと機体の隙間にカッターナイフの刃を差し込み、
メス側のFRPをグッと曲げてキャノピーを外すことができた。

キャノピーのラッチを調整し、動かないように瞬間垂らすと、
今度はラッチ自体が固まった。

叩いても無理、叩きすぎてキャノピーの塗装が少しはげた。
ペンチで鉄の棒を何とか抜き取った。
このラッチは問題多いね。
ニュアンス70のときも苦労した。
ま、ワンタッチで便利なんだが。

飛ばす気が無くなり撤収しようかと思ったが、バッテリー6本持ってきていたので飛ばすことに。
キャノピーはテープで固定してのフライトとなる

エルロンの舵角がまだ大きい。
最終的には48%になった。

4フライト目
重心はまだ後ろ側で良い。
カンザシより1.5センチ~2センチの間じゃないかな、という感想。
前風が4~5mなので細かいことはわからない。

Acuity(アキューリー70)と比べると速い。
翼面積も小さいし、翼の厚みも少ない。
なので、同じエンコンだとスピードが速い。
それから、ラダーがよく効く。

事前に、
・張りつきが良い。
・飛ばしやすい。
・癖がある。
・調整不要。
・調整できない。
などなどいろんなことを聞いていたが、風が強くてよくわからない。

5フライト目
スラストは、機体前面に合わせていた。
が、若干ダウンにした方が良いと思う。
左右は若干スラストを減らした方が良い思った。
後日、風のない日にゆっくりと調整したい。

6フライト目
だいぶん慣れてきた。
今日の目的は、トリム調整と、無事に持って換えること。
ラッチトラブルがあったが、なんとか初フライト成功。

さーて、焼肉大会までに調整して機体になれなきゃいけない。
次はいつ飛ばそうか。

飛行場 ラッチトラブル

stop